歯の健康を守るには歯科で適切な治療を受けよう

歯

歯の美しさを求める

白い歯

歯の見た目とは

歯の健康だけでなく、その見た目を改善してくれるところが審美歯科です。見た目については、歯の白さや歯並びなどがあります。欧米などでは歯の見た目を意識する人は大変多く、審美歯科でのケアは日常的なものとなっています。日本でも、近年ではこのようなケアが意識されるようになりました。このケアで長年のコンプレックスが解消され、より清潔で美しい印象を持つことができます。歯が黄ばんだり生まれ持った歯並びには、自分では完全にケアできない限界があります。着色が強い食品や飲料を口にする習慣は歯の黄ばみを招く原因となり、また加齢によってもだんだんと白さが失われていきます。もともと日本人は歯のエナメル質が薄い傾向にあるので、黄ばみやすい特徴を持つのです。そして歯並びに関しても、医療に頼る方法以外では改善も難しいです。こうした状態をメインにケアしてくれるのが審美歯科であり、見た目に対するエチケットとして普及してきています。審美歯科のケアで好印象な歯を手に入れれば、それが全面的に見える笑顔のときに自信が持てるようになれます。

主に行われるケア

審美歯科で行われているケアとして、ホワイトニングが代表的です。ホワイトニングは歯の白さを追求していくのが目的であり、審美歯科で行うケアと自宅にてケアできる方法があります。審美歯科では歯に歯を白くする液体を塗っていき、その上から光やレーザーを当てることで歯を白くしていくケアが行われます。人によって複数回受ける必要もありますが、ケア完了後も定期的に受けていくようにすれば白さが維持できます。自宅でする方法は同じく歯に液体を塗り、自分専用のマウスピースを装着していくケアとなります。歯列矯正では歯に装着する器具を目立たないものにしたりなど、歯列矯正への抵抗感を薄くしてくれる工夫が積極的です。また、前歯などの形を整えるためにセラミックを張りつけたり、健康的な歯ぐきの色を目指していくこともできます。他にもいろいろなケアが行われているので、審美歯科に相談していくことで心強い味方になってくれるでしょう。